莨。
2020/03/28 20:39
今の銘柄、もう何年になるだろう。またパッケージの警告文の面積が増えましたね、街なかの所は減りましたね。

昔話を聞いていると、灰皿交換が当たり前の業務だったり家事だったり。
今話では莨なんて、インドアーな趣味なのかもしれない。空の広さは変わらないのに。

莨飲みは手を口元にやるので、外なんかでは気をつけようってなる昨今。
手洗い・嗽・PEACE
カテゴリ/ ハコ
誰かを歓ばせること。
2020/03/13 17:38
大きな、あるいは小さな、動物か植物に食べられてしまいたい。
カテゴリ/ ハコ
incontro / 手をつなごう。
2020/03/02 18:17
名札飾り。
舟のようなもの。
カテゴリ/ ハコ
二月二十四日の天気。
2020/02/24 18:41
天気記号項番1。

二度寝をした。
三行半にも書式があると知った。
四時にお散歩をした。
5冊、小説と参考書と漫画と画集と資料を並行して読んでいる。脳に、溜まりがある。
陸に上った魚の気持ちを考えていた。
7th heaven
鳥が鳴いている、空が濃い、海王星が見えた。
カテゴリ/ ハコ
二月二十日の天気。
2020/02/20 22:36
薄い雲。風はなし。
当たり前のように季節の順は進む。
当たり前の整備。
当たり前の手足。
カテゴリ/ ハコ
二月十五日の天気。
2020/02/15 17:04
空晴れ。
主観単位毎に享受している社会。レイアーを、任意の感覚を、オフにしたい。その操作自体に人格が宿るのだろう。過去性のないものに価値があるかどうか。
空を見たら、何もなかった。
カテゴリ/ ハコ
徒花外連味。
2020/02/14 22:52
血の通わない花。知の通らない味。
石は鍵の形。
水。
カテゴリ/ ハコ
ブラード・ネムー・ネムー
2020/02/03 20:35
血は眠る。まるで、花。
カテゴリ/ ハコ
遠野りこという名前。
2020/02/02 20:16
遠野九与門りこ【とおのくよもんりこ】‐Reico Kuyomo(n) Torno
Tornoは地名。くよもは屋号。りこは、再ICO。
アバターとしてフォーアオアと言うキャラクタを使う。
癖は口元に手をやる仕草。
趣味は、繰り返すこと。
カテゴリ/ ハコ
徒花外連味。
2020/01/19 18:10
イマジナリ・テイステイ・テイステイ。能を分解、細細、粉粉。

鏡の取り分、夢の欠落、ひとは自分を完全に見ることは出来ないのだわ。時候としては、自己採点の日ね、明日は。
試験をしましょう。試金石には彼を使います。彼のことを確り覚えていてください。忘れているかのチェックもします、忘れる機能の効化をしておいてください。

鏡を磨くように、浅く眠るように、ずっと眺めている光景が目を焼いていく。
カテゴリ/ ハコ
新年のほうふ。
2020/01/04 13:45
がんばろうね。
カテゴリ/ ハコ
十二月二十九日の天気。
2019/12/29 20:40
晴れのち曇り。風はなく、手入れ日和。
いつまでも、ずっと、使いたいものが、身の回りに。
最後まで一緒。
カテゴリ/ ハコ
メリーだよ、マリー。
2019/12/21 20:47
たくさんたくさんの服、たくさんたくさんの人。
夜を歩くのに、光なんて無粋なもの。
増やして、増やして、ディナ。
温める胸元のチャーム。
カテゴリ/ ハコ
アンビ・アンビ・アイデンテテー
2019/12/11 22:30
収斂して、何度も私は私になる。
カテゴリ/ ハコ
徒花外連味。
2019/08/11 19:27
昔、屈強な魔術師が居た。いや、屈強だったかは別として、杖ではなく短剣を振り回すような奴だった。
白い角を立てた彼を、私だけが覚えている
カテゴリ/ ハコ
| ホーム | 次ページ