r
2006/04/03 02:01
出直すから
右眼で滑り台を見送って

大人になった私たちには直ぐに答えが欲しいよね


私はあなたじゃなくちゃ 真っ白な頬っぺたに 透き通る小さな雨だれを落としてしまう
愛し愛されたいと 考えるようになりました
わたしは たつた現在 あなたが依々
君を笑はす為に 微笑むでゐやうと思ひ 鍛へました 「扉の前にて!」若しも 此の部屋も無く 連なつてゐる輝きがまやかしであらうとも

今でも闇に映る花の模様変わること無い 流れは時を連れ進むもので

同じ 空は明日を始めてしまう たとえ君が此処に居なくても
カテゴリ/ ハコ
水の色。
2006/04/04 02:44
息ができるくらい、濃い水が、欲しい。
沿う感じた。
お風呂の中で、水の中で、水の事を考えていたら。
水の色が見えた気がして、
顔が水の中にまで入ってしまっても、苦しくなかった。
お風呂の栓は、手のひら。
水が離れていって、息をすることを思い出した。
水の色が見えた気がした。
息なんてしたくなかった。
熱い水がなくなるのが、厭だった。
水が欲しかった。

おみず。

息ができるように。
カテゴリ/ ハコ
音楽。
2006/04/14 19:08
音楽は偉大です。
知識も、何も無く。教養と呼ばれるものは持ち合わせていません、私は。

とても不安定な上に立っていて、いえ、上に蹲っていて、息が詰まる、いえ、息ができない私です。

君は知らないけれど、君は僕のクスリさ。

音の中に呼吸できることもあります。
だから、感謝して、音を頂戴します。
たくさんの音に、申し訳ないながら息するのです。
雨の音。怖くない。けれど、ごまかしてもいい。

~~~~~~
カラオケいって、声出なかったー
・x・)ノ⌒o
カテゴリ/ ハコ
苦手話。
2006/04/16 21:07
苦手話。
声が出ないことが、こんなにも、君たちを分け隔てるんだね。
思わず呑み込んだ言葉は幾語あるの?
夜の風浴びていれば心洗われて、笑う月の青い光に何かを願えるのでしょう。
真面目に。つまり、真摯に。ああ、何処までも素直な真間に。
とても大切にしていた玩具のこと、君は忘れてしまっている。
それは普通のこと。
時はシンプルな選別で糸を切っていく。
受け止めることは難しく、そのために、君たちは何かに任せる。任せようとする。
任せよう、とした。
運命とかね。
運命は必然でなく偶然で出来ていると言う。
手をつながないのは。意思が無いからで、風が吹かないからではない。
散ってしまっても。言い訳になんてならない。
視覚的な感傷なんて、だれにも伝えられないと分かっているからね。
君は。
君たちには何もないからね。
君は。
本当に、糸なんて。欲しかったら紡げばいいのに。
本気だしたら、けっこう出来ることもある。
それこそ、冷静になれば、出来ることは増えるのだから。
糖で考えてよ。

さて、苦手なのか。
たぶん。すべてのことの間に、人よりも多くの時間をはさまないと進めない。
けど、やっぱり、時間は糸も切るからね。
意図などはなくなってしまうかもしれない。
まだまだ、朝晩寒いでしょう。

声を掛けたい。
本当のことを話したい。
嘘吐き。
うそうそ。
カテゴリ/ ハコ
ふよんふよん。
2006/04/24 00:09
思想を、魂を飛ばします。其れのみ、飛ぶことはできます。
それは一人遊び。
カテゴリ/ ハコ
SEX CHILD
2006/04/24 18:06
△ お子様ランチが好き
○ いちごオレが好き
◎ お菓子が好き
○ 片付けられない
◎ 落書きをする
○ すぐに泣く
○ じっとしていられない
◎ 忘れ物をよくする
◎ 遊んでばっか
☆ よく寝る
△ すぐスネる
○ よくこぼす
× ほっぺが赤くなる
△ すぐ意地を張る
○ 好きな子に意地悪をする
○ イスで足をブラブラさせる
△ 食べた物が口の周りにいっぱいつく
◎ 毛布が好き
△ 眠くなると手足があったかくなる
○ 人の物を欲しがる
◎ 欲しい物が手に入ったら大喜びする
○ でもすぐに飽きる
○ かまって欲しい
○ 字が大きい
○ 唇をとがらせる
△ すぐ自慢したがる
○ パンを両手で食べる
△ 指をくわえる
○ ひとくちだけ欲しがる
○ だっこされるのが好き
○ カートに乗って遊ぶ
◎ ヤクルトのフタは歯で穴をあけて飲む
× おなかが減ると機嫌が悪くなる
△ 眠くなると機嫌が悪くなる
○ 口が開きっぱなし
○ ヨダレを垂らす
◎ よく友達とはぐれる
× きゃっきゃと笑う
○ 笑いがとまらなくなる
◎ 空気が読めない
◎ 人が言った言葉を復唱する
○ ストローを噛む
◎ アイスの棒を噛む
○ 買ったものをその場で食べる
○ バナナジュースが好き
◎ ミックスジュースが好き
◎ ヨーグルトドリンクが好き
○ 一人で喫茶店に入れない
◎ 一人でタクシーに乗れない
○ 車に乗るとすぐに寝る
☆ 褒めてもらうのが好き
☆ いい子いい子されるのが好き
○ 高い高いされるのが好き
◎ よくはしゃぐ
◎ 狭いところに入りたがる
○ 高いところが怖い
× ジェットコースターに乗れない
○ 前が見えないとジャンプする
○ 新しく覚えた事を人に言いたがる
○ ぬいぐるみが好き
○ ハンバーガーがうまく食べられない
△ コーヒーが飲めない
○ 炭酸が飲めない
◎ チョコが好き
△ お寿司はサビ抜き
カテゴリ/ ハコ
コミュニケイション、時間、相互理解、その関係性。
2006/04/27 11:07
変化して行きます。私もあなたも。
それは考え方であったり、顔つきであったり、体調であったり、環境であったり。
だから、今のあなたは何を思っているのか分かりません。
たまにでも、同期的なコミュニケイションによって、あなたの情報を、
そんな大げさでなくっても、あなたの事を知り。
また、離れていて分からなくなる。
その繰り返し。
そんなものです、関係と理解というものは。

さて、変化するのは当たり前のこと。
此の社会において、普遍なもの、不変なものなんて、本当に少ない。
気分、気持ち、思想。
それこそ、渡したちは安定もしない波の上に其れを漂わせているのだから。

変化について、そのスピイドは人それぞれなんでしょう。
熱の冷める速さの差、比熱の差、のようなものなんでしょう。

分からないから不安になる、私たちは。
時間がたてば、分かるなんてことは、コミュニケイションにかけていては有り得ない。
わかっているのに、話せない。

わからないから、
ひとり音楽におぼれます。

お風呂にて、コミュニケイションと時間と相互理解の関係について、
考えてみる。
これから。
カテゴリ/ ハコ
スパイス。
2006/04/28 22:40
ザラつく感覚。
荒い。

水が有れば、簡単に砕けていくのに。
乾いた部屋に、肌に感じられた。

一度外に出てみれば。

気づくこともないのに。

世界を作ってるんだね。屋根。御飯。両親。音。
色がないんだね。
流体の中にしか居られないのに、流体の中じゃ溶け砕け拡散。

どんな味だろう。
サカナの味。野菜の味。甘い味。
きっと知ってるんだけれど。わからない。
夢のなかのことみたいに、思い出した、気分になれるくらいの認識。

さっき、吸い込んだよ。
今もまだ。肺の中に捕らえてる。
カテゴリ/ ハコ
u have.
2006/04/30 21:10
君はすべてを持っている。

その答えを 教えてくれました。
感謝すればいいのか、喜べばいいのか、何よりも申し訳なさ。
答えは、私の"申し訳なさ"なんかを否定するものでしたので。
ああ。
受け入れるだけなんだけれど。
ああ・・・。
難しい。
言葉として。
気持ちを。
態度として。
ふよんふよん。

もともと、何も持っていなかったのです。
本当に。

君はすべてを持っている。
カテゴリ/ ハコ
| ホーム |