やくそく。
2012/03/02 20:31
あの子とも遊んであげないとね。そういう約束なの。
明日は何処に行こうか。

ここのところ、記憶があやふや。
どこにも事実がありそうにない。
カテゴリ/ ハコ
フミヤのグリルを変えたいです。
2012/03/03 20:01
数日以上私の行動を制限していた風邪の状態はいくらかは恢復したようです。
今日は湖のそばを少し走りました。

レカロとヘルメットとタイヤが欲しいです。
何かの限界まで触りたい。
自分の限界が圧倒的に低くても。
カテゴリ/ ハコ
資格なんてあるのかい。
2012/03/04 22:37
資格なんているのかい。
只只一つ言葉だけ、彼の最善、と。
カテゴリ/ ハコ
名前。
2012/03/05 16:30
原始的発想によっての命名。
彼、2011年の彼。黄にして夕焼け。イグニス、81、俗称として黄色ちゃん。

今の彼、2012年の彼。赤にして真珠。スイフトでRS。赤のフミヤと名付けられて、通称はフミヤ。

一部設定として無名世界観より。
カテゴリ/ ハコ
あい。
2012/03/11 01:02

あ、から始まる言葉。
い、から始まる言葉。
あい、から始まる言葉。

五十音だけですら順列組合せより、無限の言葉がつくれます。
モンテカルロで自分探し。

さて、言葉は剣に敵うかい。
なら、あいは叶のかい。
カテゴリ/ ケイタイよりのエントリイ
かい、とう。
2012/03/12 07:04

しんすいして、「あけるとひとりだった。
なぜならば、なぜならばっ、わたしは、わたしたちはっ、あいしてるからだよ。
ほめられて、やっとおちられるのだ。」
カテゴリ/ ケイタイよりのエントリイ
りかいあり。
2012/03/13 07:20
真冬のような空。
地面は啓蟄。
雪に濡れる街。

理解することに憧れて、理解されることを熱望するのが私。
導き無しに正しく答える。
カテゴリ/ ハコ
あめ。
2012/03/23 21:48
三月二十三日の天気は雨。
いい加減にいいかげんに診察や検診や測定。
薬やお土産や引換券を持っての帰宅。
新しい身体と道と器具の為に、今日はお金を使いました。

先生に言われました、私について、一部について、状態として、きれいと。
きれいじゃないところは、と言えば酷いものです。ひどい状態です。
カテゴリ/ ハコ
ゆき。
2012/03/24 23:44
明日、三月二十五日の天気予報、雪。
雨や雪って言葉には現象としての意味と物質としての意味がありますね。
春に舞う雪は現象であり、物質としては逗まれない物。
空気の間だけに在る物質・現象。

意思もまして使命も無いもの。
徒花でも外連味でもないそれ。
カテゴリ/ ハコ
よく分からない天気。
2012/03/25 20:50
晴れないとバンパーを引き剥がすこともできない。

薬の効果の絶大さを肌で感じた所で、そこに至るまでの道のりを想像してみて、お金とか産業とか費用とかしか思い巡らないのが私。
色色と結局に言葉として判断すれば、麻痺の状態。
眩暈とか痛みとか痺れに対しての基準自体が衰えている、なんて言葉に至る。
慣れの問題、なんてよく口にされるが、慣れるものじゃないものもある。
絶対的な基準なんてものはないのだけれど、工業の進んだ時代にそれを忘れがちになります。
カテゴリ/ ハコ
| ホーム |