家族ができること。
2012/11/02 21:56
彼は私と歳が近かったから、小さい頃は遠くに住んでいたけれど、よく遊んでもらっていました。
幼い頃の彼とのことを思い出しました。

彼、私の従兄弟殿の結婚式に行って来ました。
親戚だけの小さな式。
あいにく、今日の琵琶湖は晴れてはいなかったけれど、とっても綺麗に見えました。

彼は一人っ子でしたが、結婚して兄妹が増えました。
新しく親戚になった、向こうの家のひとたちは凄く素敵な家族でした。
家族が増えること、それはとっても嬉しいなって。
カテゴリ/ ハコ
面白い方に100点と言った彼との会話。
2012/11/05 23:35
子どもの頃のこと。思い出せないことも、忘れられないこともある。
思い返せば私は今まで先のことを考えて生きたことはなかった。
それでも今生きている私は、過去の私という現象を継続している。何も維持できていないかもしれないけれど。
サイコーだった時だって確かにあったのだ。

別の系として更新されているのが人間だと、コミュニケーションで(色色な程度で)同期を取ると、その上で定義づけされなおされると、そんな話をした。
10年は人が変わるには十分な時間だって言うのはわかっていたから、改めての同期は怖かった。コストもリスクもあったから、怖かった。
産むが易し。確信の確認だけで済んだ。
きっと私たちは、構成言語的な意味合いで、似ている。

しあわせがなにかはまだわからないけれど、しあわせになってくれたらわたしはしあわせで、それが一つの定義。

おもしろいほうに100点。
面白いという意味の定義はNull
カテゴリ/ つくり話のハコ
彼のきかん。
2012/11/06 22:22
Vitality up
ハッピーエンドじゃないと面白くない。
続きを読む
カテゴリ/ ハコ
100万年後のピアノ。
2012/11/14 23:56
朝が苦手な最近です。

先生に聞きました、「人間は動物ですか」と。「人間も動物だよ」と答え。
それでも先生は音楽を続けて居られます。

アインシュタインもピアノが弾けたそうです。
わあ、やる気を出しましょう。
カテゴリ/ ハコ
考えるきかい。
2012/11/25 22:16
認識を変化させる機会に、正しい基準に近づければいいのだけれど、何が正しいかなんてものはものは。
特に線引が難しい問題が難題。
スペクトル、ファジー、アナログ、多因子、多変数、個別のケース。

近いと判断が出来ません。
けれど、離れる前には私は決めるべきでした。

いじめ、虐待に出来ること。
多様性、採算のバランス。
歴史、先進国から学ぶこと。
カテゴリ/ ハコ
一応に実際は確からしい数字は有るらしい(伝聞)。
2012/11/27 00:14
映画を見てらーめん食べて帰って来ました。

自閉症について。
遺伝するかはわかりませんが、するかもしれません。
実際に男性が高齢な場合の妊娠では自閉症が発現する確率が高くなります。
そのこころが、加齢による男性側の機能的変化なのか、晩婚する男性に自閉症の方が多いからなのかはわかりません。

今はわかりません。
いつか、わかるかもしれません。
カテゴリ/ ハコ
***を冷やす。
2012/11/29 22:58

割れ物は手に持って運べばいいでしょう。
もう少しで、冷たい綿も落ちましょう。
カテゴリ/ ハコ
十分な高度のもとに失速訓練をした思い出。
2012/11/30 21:31
制御を管理する人が、また何を考えているのか分からないような感じで操作に不安な気持ち。
アウトオブコントロール中にそうまとう。
そろそろにコンプリートストール。舵から手を離すだけ。

カテゴリ/ ハコ
| ホーム |