手を付けない。
2013/03/06 23:15
ある子どもの話。
ある日、彼には食事が与えられた。彼が出されたパンを全部食べ終わると、更に次のパンが与えられた。パンは続く。彼は自身の変化に気づく、パンが食べられなくなっていた。彼は自分が病気になってしまったと考え、それを悲しんだ。お腹がいっぱい、と言う事を経験したことがなかった彼は満腹を体の異変と思ったのだった。

拡張遊び。
概念は飽食。
消費活動と資源について、飽食の考え方の発見を拡張してみる。

本に囲まれているけれど、積んだままで読めていない。
カテゴリ/ ハコ
| ホーム |