好きな人のこと。
2013/07/04 21:05
好きな人、と表現するといくつか意味合いが発生しますがここでは、何かを嗜んでいる人です。
好きな人にうちのものを見てもらいました。
私には知識も経験も無いので楽しみ方はわからないのですが、その人に見てもらっている間に「むふー」とか「ほへー」とかの感嘆が聞けたのでそれが嬉しかったです。
好きな人には好きなもの。いいものはいいもの。むふーって声が出てしまうもの。

話変わって、今朝の夢見。
好きな人と少し話ができました。握手を求めれば良かった。
カテゴリ/ ハコ
七月十五日の天気。
2013/07/15 20:31
数日前から暗くなりがちな空に夜などは涼しく。
沢山切った髪の毛の分、体重計の数値は減りました。

最近ずっと聴いているCDは「ないものねだりのデッドヒート」です。運転操作の時に流すと気分が落ち着きます。
湖岸を20分でお世話になっている髪を切るところです。お気に入りの場所です、好きな場所です。

週末。天気を見ながら、小さい夏祭りなどにお出かけ。
カテゴリ/ ハコ
私の徒花外連味。
2013/07/16 16:40
考えたくない。思い出したくない。想像したくない。他人になること。

彼は元気に生活を営んでいて、他人ながらに私はそれが続くようにと。
今までに誰かを幸せにした事は無かった。
少しも意味がない。
カテゴリ/ ハコ
分岐点。
2013/07/16 20:48
ここ、とものはともの2とともの5に分岐をしました。
今日、2013年7月16日以降はともの2は更新が無くなるかもしれません。
カテゴリ/ ハコ
分岐点。ともの5へ。
2013/07/16 21:10
ここ、とものはともの2とともの5に分岐をしました。
今日、2013年7月16日以降はともの5から更新をしていきたいと思います。

とものはヤフブロからFC2を経て、アメブロでやっていきます。ともの5、実質ともの3です。
記事カテゴリの整理などをぼちぼちとしようと思います。
カテゴリ/ ハコ
ブログはじめました。自己紹介を考えます。
2013/07/17 19:01
ブログを初めてずいぶんと経ちました。先日、アメブロに引越し。レイアウトやヘッダなんかをもさもさと模索しているところです。
さて、改めて、自己紹介の記事でも書いてみようと思いました。初めましての方がもしかしたら見てくださるかも、って。

あら、改まると、筆重く口重く。
自己紹介なんてものは苦手なんだってことを思い出します。学生時代の新学年とかは一体どうしていたのでしょう。

はて、私について。昔は工学やら初等教育やらを勉強したことも有りました。大分に偏った考え方をしているって言うのは自覚していますが、時時忘れますね。
ペットはイタチの杳乎です。ようこって読みます。可愛いです。

最後に連連っと好きなもの、偏愛するものを挙げて終わりましょう。
アニメ:∀ガンダム 電脳コイル やさいのようせい
漫画家:冬目景 ウエダハジメ 押切蓮介
漫画作品:クレイモア エリア88 木曜日のフルット
ゲーム:ガンパレ BAROQUE ico
音楽:椎名林檎 エゴ・ラッピン やくしまるえつこ
カテゴリ/ 私のハコ
七月十九日の天気。
2013/07/20 17:04
理由は知らないけれどずっとずっと涼しい一日でした。朝から夜までずっと涼しくて、ここの所の中でずっと涼しい。

友達が映画のディスクを持ってきてくれたので、映画シュガー・ラッシュを観ました。
とても素敵な映画でした。
内容は不平等な世界と主人公性について考えさせられました。
カテゴリ/ ハコ
七月十八日の天気。
2013/07/20 21:26
明け方の雨で少し気温が下がりました。
夕焼けの空に膨らんできた月と飛び始めた蝙蝠の影。

映画のお話。
映画は好きです。百回くらいは観てます。10作くらいは観てます。
好きだからと言って、詳しいわけでもないのです。同じ物ばかりを何度も見るのが好きだから。
最高はゴッド・ファーザーですね。過去には何度もレンタルをして、今ではBDboxを買ってずっと観ています。

今週末にはジブリの新作が公開されますので、大いに期待して、楽しみにしています。
カテゴリ/ ハコ
七月二十二日の月。
2013/07/22 22:13
現時刻で輝面比は99.93%で、ぱつんぱつんに膨れた月が雲なんて透過して覗いている。
定期的に変わるものなんていうのは変わらないものと同じなんだろうか。
月は一つしか無くて、またその影響も大いに受けているので、特別なんだろう。

以前に、彼を、月のように思っていた。
彼は私に塩の満ち欠けみたいな変化をくれて、それに私は幾分かは人間らしい考え方が出来る状態になれた。
月を見る度に彼を思い出す、とまではいかずに彼のことはもう奥の方に仕舞っているのだけれど。今日は空の月が真ん丸くて、彼を気にさせた。
カテゴリ/ ハコ
風立ちぬの感想。
2013/07/26 18:26
あと二十年してから、もっかい見たいかも。
自身の青さゆえ、まだまだ受け止めきれない部分がたくさんありました。
思い出ぽろぽろ以上の大人ジブリでした。
面白かったよ。

って友達が言っていました。


さて、私の感想。
いいないいなって場面が多い映画でした。憧憬が沢山ありました。美しい人達がいました。それらが観られて、感想として、仕合せになれました。
太宰のヴィヨンの妻や、冬目景の羊のうたに触れた時のような感覚を思い出される映画でした。
憧れ、そんな風に生きられたら、それは十分な人生で、現実の私には持ち得ない奇麗な時間が有りました。

国語の教科の点数が足を引っ張っていた私は、物語のメッセージとかそういったものを読み取るのが苦手です。この映画、風立ちぬで監督が伝えたかったことなんてあったとして、わかりませんでした。
物語は美しい機械を造る情熱と夫婦の愛情で描かれていました。戦争に負けた国で造られた戻って来なかった飛行機、身体が弱くて美しい人との時間。
私にとって惹きつけられる要素が満載でした。私は機械が好きで、飛行機が好きでした。私の祖父もまた飛行機の製造に関わっていました、祖父は短命でした。私は身体が弱いです。夫婦愛に憧れます。

普通の映画でした。気に入りそうです。
カテゴリ/ ハコ
彼方の人。
2013/07/28 15:33
夢に見た人。昔に大切にしていた人。今も大切な人だけれど、今は大切に出来る距離に居ない人。彼の子どもの顔が見てみたい。彼と彼の子どもが元気でいてくれれば嬉しい。

怒ったところを知らない。
喜怒哀楽、どうしたら彼が喜ぶのか、どうしたら怒るのか、哀しむのか楽しむのか。わかりかねる私は鈍い。
カテゴリ/ ハコ
七月二十九日の天気。
2013/07/29 19:57
強い雨で、車迄でびしょびしょになるほど。
点検や検査に時間を潰して考え事。

季節とか年月が経つのが早くなった。薄くなったって感じ。思いや考えや感情が薄くなっている。二十歳位の頃と比較するからなんだろうか、普通のことなんだろうか。
日記なんかを見なおしてみて、比べて見れば、莨だけ増えてる。他はだいたい減っていってる。
熱的死、情報的にエントロピーが駄駄上がり。
一人でいるのは佳くないのはわかっている。

色色な味がありますね。珈琲も莨も、銘柄だけでなくて、体調や気分で変わる味。
体液の味も、そうなのかな。薬とか食べたものは尿にすぐにでるけれど、血の味なんかも一刻と変化するんでしょう。
言葉ってものも、口を通すから、味覚に触れる。
血を舐めるのは衛生的に悪いから、血って単語を口にしてみる。
あのひあのときのあのひとのちのあじ。
カテゴリ/ ハコ
| ホーム |