明日から米に旅行に行って来ます。
2015/07/02 20:53
痛みをどのように表現するか。
今日は病院で痛さを10段階で表現して下さい、と言われ、痛みの言語化の難しさに困惑しました。
一番痛いのを10としたらどうかと考えて、4がずっと続いている、と答えました。

夕食時にお茶をいれるために沸かした薬缶がジュっと音をたてた時、ああこれは今の痛みだ、と思いました。
カテゴリ/ ハコ
吐けよう。
2015/07/10 20:18
素直に、我慢せずに、そういうときは、
カテゴリ/ ハコ
ルールのようなもの。
2015/07/11 22:17
病気の痛みはまだ続きます。
じゅくじゅくしてる感じがします。これは頭のなか。
きっと人は、誰かとお話しないとじゅくじゅくになるのだろう。

私は暑い寒い美味しい痛いを口にできません。そんなルールのようなものがあって、緘黙したり休んだり固まったり熱を出したりします。
感覚や感情や気分や思いは、一人ではどうにも叶わないものです。

ああ、けれど、私を聞いてくれる人は確かにいたので、今はその人と握手がしたいです。
カテゴリ/ ハコ
外は嵐が来ているから。
2015/07/17 03:06
眠れないのは、落ち着かない嵐のせい。

7月の頭に姉の結婚式があり、それと合わせてしばらく家族旅行をしていました。
式の数日前、肌と神経の病気になってしまったわたし。痛む体に存分には楽しむことができませんでした。
体調が万全ならば、もっともっと素敵なバカンスになったろうに、もったいないけれど、贅沢をして休みがちに過ごしました。
それでも、私なりに我慢を頑張ったんです。

それがいけなかったのかもしれない。

帰ってもう一週間ほど経ちました。ヨウコは元気にしていて、それでもう嬉しかったです。
この一週間は恢復に当てていましたが、まだ神経は治らずに私に痛みを与え続けています。

何もできないのっていうのは、したいことがある場合においては、結構に辛いものだともわかりました。
悲しい気持ちは、肌を焼くような痛みの為か、それともこの体への気持ちなのか。

お話をずいぶんとしていなくって、話し方を忘れてしまいました。これも悲しくて怖いこと。頭のなかがじゅくじゅくしてしまうこと。
カテゴリ/ ハコ
| ホーム |