一番であったもの。
2011/09/24 20:06
止まった時間の中で息をしていたい、という願望が強くあります。変わらないものがあればいいのに、と熱力学第二法則を恐れるあまりに、私は繭のように。
相対性理論すら信じられないなら、何をもって世界を理解すればいいの?
人は全知を許されないの?
私は何か業を生み出すことはあるの。
教えて先生。

私は地上では、五十二キロの重さがあります。
私と反私が出会えば、地球くらいなら壊れるでしょう。
カテゴリ/ ハコ
<<それなくしてはわたしはいない。 | ホーム | 九月二十四日の体調。>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://tomono2.blog71.fc2.com/tb.php/1384-72ddab65
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |