心理的物理量でしか表せられない程度。
2012/01/23 23:12
割りと大きな眩暈。
眩暈の程度などは人に伝えられないものなのだけれど、私はよくふらふらとしますが、今日のそれはどう表現したものか。
平衡感覚はなんとか手元にあって坐位なら倒れない、舌が痺れて・指先が痺れて血が冷たい気がする、少しだけ目が不自由になって、触覚が遠くになって。
私という現象の維持に負いて、何かしらが足りないのでしょう。
この冬の平均は0.0000000520メガトン(物理量)。

色色と様様な物物が在ったり無かったり当ったり失くしたりで、さて一月と言う物ももう残り少なくなりました。
新しく車を決めて、納車は来月の中ほど過ぎになりました。赤色です。
そろそろに学期末なので試験の対策を想像しつつの最近です。
試験が終われば二週間の実習。

実習が終われば、春。
カテゴリ/ ハコ
<<「人から言われるあなたの印象は?」 | ホーム | 仕合せの黄色い形。>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://tomono2.blog71.fc2.com/tb.php/1434-4b29299c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |