面白い方に100点と言った彼との会話。
2012/11/05 23:35
子どもの頃のこと。思い出せないことも、忘れられないこともある。
思い返せば私は今まで先のことを考えて生きたことはなかった。
それでも今生きている私は、過去の私という現象を継続している。何も維持できていないかもしれないけれど。
サイコーだった時だって確かにあったのだ。

別の系として更新されているのが人間だと、コミュニケーションで(色色な程度で)同期を取ると、その上で定義づけされなおされると、そんな話をした。
10年は人が変わるには十分な時間だって言うのはわかっていたから、改めての同期は怖かった。コストもリスクもあったから、怖かった。
産むが易し。確信の確認だけで済んだ。
きっと私たちは、構成言語的な意味合いで、似ている。

しあわせがなにかはまだわからないけれど、しあわせになってくれたらわたしはしあわせで、それが一つの定義。

おもしろいほうに100点。
面白いという意味の定義はNull
カテゴリ/ つくり話のハコ
<<彼のきかん。 | ホーム | 家族ができること。>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://tomono2.blog71.fc2.com/tb.php/1546-610106c7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |