遠くに行きたかった。
2013/02/25 22:40
熱いお水を喉に通して、冷たいお湯に身体を浸して。
目開けてから幾らかの数字を数えて、朝の時間になるのを待って。
着物の袖口は縫って閉じられていたから本の頁を捲るのだって一苦労。
春を前にしてお釣りのように雪が降っていた。
反対側に周れば景色も変わるだろうけれども。
カテゴリ/ ハコ
<<ぱら、と溺愛。 | ホーム | 二月十四日の天気。>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://tomono2.blog71.fc2.com/tb.php/1574-5ff66f3b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |