代わりに見ておいて。
2013/06/16 23:36
昼間から登っていた半月は私の席からしか見えない位置にあった。右に笑いながらハンドルを握る人の代わりに、私は飽きるまで月を見上げていた。黄色ちゃんは私達をどこまでも連れて行ってくれる舟。少し開けた窓から煙が流れていく。
わかりあえるまで語り合えるだろうか、すべてを。
歩けなくなることも、目が見えなくなることも、恐くはないよすべては夢幻だけど。
カテゴリ/ つくり話のハコ
<<徒花外連味。 | ホーム | 此処の所の呟きをネタにと、更新がひと月開きました。>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://tomono2.blog71.fc2.com/tb.php/1588-a9161fb3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |