言葉の夢。
2015/08/28 03:47
言葉がうまく話せなくなってる。
思考というものは言語を使った現象なのだから、言語が不確かになれば思考も不可能になる。

破綻。

幸いにキータイピングはまだ可能なようで、あやふやな記憶を、この数ヶ月の記憶を確認する道具になった。

7月。姉の結婚式。
7月は患いに伏せていたのを覚えている。喪失の始まりはそれではなかったとしても、大きなきっかけになったのだろう。
言葉を喪失して思考を停止したら、人は生きているといえないのか、と考えてみたいところで思考が出来ない私には結論はなし。
曖昧な記憶を定着させるための言葉というのもなければ、ファジーな感覚だけで8月を辿れば。不安と悲しい気持ちだけがあって、ハウリングしているような音が頭を埋め尽くしていたと、思われる。伏せたままに夏は終わっていた。

水を汲むのも躊躇われ、紫煙だけを口に含み、けれど眠って見る夢の中では確かに彼と会話をしていた。
カテゴリ/ ハコ
<<八月三十一日の天気。 | ホーム | 外は嵐が来ているから。>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://tomono2.blog71.fc2.com/tb.php/1774-1afaf4f7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |