ぱーそなる・c。
2016/10/31 21:04
あの子達は月の匂いがする。

基音はc。
気温は14℃。
黄苑はきいろ。

10月の終わりの日。神無月最終日。
偶に稀有にも、目を見るときはある。瞳に写る私でなく、眼球の先数ミリ。瞳孔。瞳孔が開いたところを、見たことがあった。

十月三十一日。一定に保たれる、物を食べると。動かなくなると冷たくなる。衝動を終わらせるためなら何度でも死せる。息を潜めて、魂の座を狙う。

2016年10月、痛みの月。
多分十分に、開いている。

枯れても完全には乾かないもの。
どうしても私には水が必要だった。
衝動を、焚き付けて。目に耳に入れて、口と鼻をいっぱいにして、人人をためつすがめつきく。

守られたのは私の生命である。そういうことなのだろう。
よに君は必要か。なさに滅裂さを区別する時に。
カテゴリ/ ハコ
<<具合が悪いなら置いていくしかない。 | ホーム | 思い出さされる。>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://tomono2.blog71.fc2.com/tb.php/1853-250fc8f9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |