r
2006/04/03 02:01
出直すから
右眼で滑り台を見送って

大人になった私たちには直ぐに答えが欲しいよね


私はあなたじゃなくちゃ 真っ白な頬っぺたに 透き通る小さな雨だれを落としてしまう
愛し愛されたいと 考えるようになりました
わたしは たつた現在 あなたが依々
君を笑はす為に 微笑むでゐやうと思ひ 鍛へました 「扉の前にて!」若しも 此の部屋も無く 連なつてゐる輝きがまやかしであらうとも

今でも闇に映る花の模様変わること無い 流れは時を連れ進むもので

同じ 空は明日を始めてしまう たとえ君が此処に居なくても
カテゴリ/ ハコ
<<水の色。 | ホーム | 歌ひたゐ>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://tomono2.blog71.fc2.com/tb.php/188-36997f38
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |