石英の部屋。
2017/02/11 15:29
壁は石英の層になっていて、どんなに強い糊の付いた紙も、剥がれて落ちてしまう。
新しく覗かせる壁面には、意味を思い出せないような朧気な絵が浮かぶ。
雪も置き場所もない部屋に、飾る絵画は、もう本当にない。

くぼんだ部屋。
床の高さが低くなったその一室は、タイルが敷かれていて、水が流れていかないようになっていた。
毎日、一日に数十ccずつ、血を集め、もう溢れる手前までに溜まっていた。

一服の莨。
体に入れなかった分の粒子は排煙窓から外に拡散される。

二枚のガラス玉。
光はほぼ全部通す。

カテゴリ/ ハコ
<<くふれ。 | ホーム | 土の雲。>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://tomono2.blog71.fc2.com/tb.php/1909-a1a4c2d2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |