箱は硝子でできていた。
2017/05/24 22:30
記憶について、封入されているイメージ。
死んでいないこととは、連続しているって思えることと等しいらしい。

記憶なり記録なり、封印されているなら封じられる何かがあってのことだろう。封を解くのは慎重になる。
解法として、開放する手順として、徒花外連味を使うことにも気づくのだけれど、封を開けるのに至るまでの閾値を超えないように、強く注意をそらすことを求める所も有る。

情熱とか興味とか可愛いと感じる対象を思い出せないでいる。この状態は結構辛いので、その部分に対してreturn to tomo's をしようかとしている。

カテゴリ/ ハコ
<<五月二十七日の天気。 | ホーム | 五月二十四日の天気。>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://tomono2.blog71.fc2.com/tb.php/1934-68eeda0b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |