六月二十四日の天気。
2017/06/24 20:31
寝すぎた朝。天気予報ではにわか雨と出ていたが空はそんなふうでもなかった。割引の葉書があったのでお店にお散歩がてらに出た。
土曜日の観光地は食べ物の匂いが多くて疲れた。

音楽プレイヤーのデータ同期。音楽のランダム再生において落語と語学教材が流れるカオスをどうにかするべきか否か。
獣フレンズとオルフェンズのCDを聴いて満たされたこととする。あの子達は死んだり生きていたりしたのだったなぁと思いだす。

-----
時刻と記憶の対応が飛んでいるのだわ。記憶の所在が曖昧。記録としてnikkiも飛び飛びだし。遡ったり辿ったりするところがぼやけている。おちつくところがなくって。もにょもにょと感じて、何もする気にならない。思い出したり判断したりが難しい。頭、脳は低回転というかストールしそうな感じ。

ファンタジー、イマジナリー。情報総陰謀論など。教育など。あくいとぜんいとこうい。悪意か善意かを確かめてしまいがちになるし、行為に意味を見出さないと納得できなくって疲れてしまう。人権のルールが不遇されているのを感じて、私は何を思うか。
法治国家。民主主義。資本主義。権利を犯す。ふぐぅ。i

ナントカとはなんぞや。を考える上で、とはなんぞやとはどういう形式なのかを整理しておくといい気がする。使われ方とか状況とかを含めて使い方の意味と意義を検討すること。ナントカとはこう使われ、こんな状態で、種類としてはこうこうで、実際にはこうで、実例としてこうなのだ。

なんぞや。
愛とはなんぞやって。
カテゴリ/ ハコ
<<徒花外連味。 | ホーム | 六月十九日の天気。>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://tomono2.blog71.fc2.com/tb.php/1943-69727da2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |