徒花外連味。
2018/07/31 20:19
色も聞こえず舞い舞いと。
相にも変わることはなし。
それはそれを幸せにする。

肢の石は爪と言う名前。腔の石は歯と言う。頭部のものは角と呼び、地には根。
私の、私の知ってしまいたいとの気持ちは何か結晶の様で、飽和の中に、かたくってとがっていて、少しだけ光を反射する。
カテゴリ/ ハコ
<<物語。失われることのない最後の人。 | ホーム | 七月三十一日の天気。>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://tomono2.blog71.fc2.com/tb.php/2020-ae3b41f2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |