少年よ、羊は雪になってしまった。
2018/12/31 17:43
空気を含んだ白いふわふわとした綿のような氷が一面にあり、足跡は点点と続いている。雪というらしいそれらに、草は埋まってしまって、羊はたべるものがないの。
星を見上げて、息をして、a sheepは声を出す。その羊の群れはもう柵の中。その羊だけ森の近く湖の当りにいる。
赤や緑の飾りを燃やした光は赤くも緑でもなくって、上方に黒い煙の塔を建てている。
赤や緑を、羊は食べればよかったのに。
赤い羊や緑の羊が、壁に走っていった。
乾いた砂漠のような杳乎に、雪が飲まれている。
カテゴリ/ ハコ
<<徒花外連味。 | ホーム | マージナル・オペレーション改六巻。>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://tomono2.blog71.fc2.com/tb.php/2032-15dc5a99
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |