この人の手を離さない
2006/10/28 14:17
~~~~~

この人の手を離さない。僕の魂ごと離してしまう気がするから。
この人は誰なんだろう。どうしてここにいるんだろう。
僕はこの人を守りたい。でも、何故この人はここいて、黒いモノに襲われるんだろう。

黒いモノに襲われる理由、それが僕があけたアノ檻にあるのなら、僕はこの人を守らなくちゃいけない。

僕はこの人を守りたい。

この人といると癒されるから、ここから逃げ出すのにこの人の助けが必要だから。
僕のこの気持ちにそんな理由があったならば、其れは僕の利己的なところによる。
もっとピュアに、例えば御伽話の王子様とお姫様みたいに、運命のもとこの人に出会ったのなら・・・


シンデシマウ覚悟は出来ていたのに、何故この人は希望を感じさせるのだろう。

キボウ、希望。もうナニモいらない。

この人だけは守ろう。

~~~~~

私はあきらめていたのに、彼は手を差し伸べた。
満たされた気持ち。頼れる人・・・?
しばらくして、彼は希望を持ち始めたようだ。よかった。
彼だけは、彼の希望だけは、消えないように。
私のすべてをささげたい。
私が無くなっても。彼には永遠には触れさせない。
私が永遠に凍っても。

~~~~~
カテゴリ/ ハコ
<<no-title | ホーム | 確か美しく通過した。>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://tomono2.blog71.fc2.com/tb.php/281-c236af33
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |