音日。
2008/02/10 13:43
日の差すお処では雪は融けてしまい、朝より今まで絶えずに水の音 雪融けの音が聞こえて参ります。

光は小春日和のそれで、ベランダで感じられる気温は 実際のものよりも高くなり、しかし冷たい空気のもつ零丈な澄んだそれも持ちます。

空気を吸い込むと云う行動は多くの種類の知覚を刺激します。

雪の有る日 特有の空気の匂いは、塵の無さが原因でしょうか。 純粋さを示すように。

空気には味などはありませんが、呼吸は味覚ですら刺激。

清涼感に午後を浸すように さて是からどう過ごそうと。

ゆるりと 頬を触る癖を自覚しながら。呼吸をまた違った触覚に変え 伝えつつ。

キイを打ちました。



余りにいい日。好きな音楽を聴き、好きな本を読み、贅沢に消費しようと。
カテゴリ/ ハコ
<<ふんだんに。 | ホーム | ゆきみ。>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://tomono2.blog71.fc2.com/tb.php/378-0b81478e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |