身に余る○○。落としてきた○○。
2005/10/27 13:28
(きっと私は)すごく大切にされています。
なにか返さなければ。

すごく迷惑なことを言います。
後から気づいても遅いのですが。

すごくひどい顔をして立っていました。
笑え、笑え。

すごく臆病です。
そのくせにやわらかい。

ココハ息がつまります。
御構い無く。

~~~
優しくしたい。と言う気持ち。を昔もっていた。と思い出した。けれど何時だったのか思い出せない。のは今の自分と昔の自分では変化しているからなのだろうか。と考えた。それは自己防衛。剥離。解離。拒否。声が出ない。


落ちていく。

~~~
どこにいれば落ち着くのだろう。ベッドの上?部屋の端っこ?タオルケットにくるまって?ねて?座って?
どこならば、呼吸が楽なの?

背反について考えよう。

しんどいとき、どこにいた?ベッドの上?部屋の端っこ?タオルケットにくるまって?ねて?座って?
苦しかったのは、どこ?

~~~
もらったものは、返すべき。
身に余るほどの 救い。
癒し・・?
時間。

あげられるものは・・・。

あぁ、私には何もない。

・x・)ノ⌒o

~~~
「あげたわけじゃない! 落としたものをあなたが拾っただけ!

 だから

 返さなくても

 いいんですよ。」

~~~
「もらったぶん、返すべきだよ。
 大切なものを
 あげなきゃいけないね。」

~~~
「まだはやい」

~~
「時期が、くるのを待たなくっちゃ」


あーあー。
あー

時期なんて、

こないよ。
カテゴリ/ つくり話のハコ
<<Od | ホーム | ・x・>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://tomono2.blog71.fc2.com/tb.php/40-73c8c99c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |