変愛、夢に見る嫌いや厭い。
2008/07/11 11:44
どうして愛していないと言えるだろう。

対象に影響を及ぼさない観測等は無いのだから、業に至らない迄も線は丈夫になろう。若しくは、理由で無くとも汲んで混沌の中に色としよう。
線形性をもちつつ、ダイナミックな変換をする意識くらいに それを染める気分は化学的に波動的にまた病的に揺らぐのだけれど。不可逆にまとめて、好きかどうかでしか無いの。一次という程度、低さ。
実の所は好きでした、と眩暈する際倒錯。
カテゴリ/ ケイタイよりのエントリイ
<<meets "never ending story | ホーム | わっきーがいました。>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://tomono2.blog71.fc2.com/tb.php/484-30ef47a4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |