椎名林檎/私と放電 感想。
2008/07/23 21:36
私と放電ディスク1を聴いて。
カップリング集としてのCDである 私と放電ディスク1。聴いたことの無い曲、CD音源で初めて聴く曲も幾つかあって、それらが聴けて佳かったです。

輪廻ハイライト、アンコンディショナルラブが初見でした。輪廻は気に入りそう。
あおぞら、君ノ瞳ニ恋シテルはLiveDVDで聴いたことしかなかったので、どちらも好きな曲だったので入っていて嬉しかった。

全体として、再録はしていないようで懐かしい椎名林檎の音楽を楽しめました。
含み無く、今と違う曲とか歌い方が楽しめました。

あおぞら が一番お気に入りかな。

~~~~~~
私と放電ディスク2。
絶頂集の曲と最近のシングルカップリングのCD。
真夜中は純潔 も入っていれば佳かったのに、と軽い不満。
こっちのCDは曲は全部知ったものでした。
膨らんできちゃった とか懐かしいなと感じながら聴きました。絶頂集はむかし家の近くのお店で借りたけれどそのお店は潰れちゃったなぁ、等とか思い出しました。
メロウ、愛妻家の朝食 がお気に入り。

~~~
2枚ともについて、オリジナルアルバムではないのでシンメトリーな遊びとかが無くて少し残念。
もし出されるなら提供曲のセルフカバーなんかや、唄い手冥利のようなアルバムが聴いてみたいなと思います。
カテゴリ/ ケイタイよりのエントリイ
<<メディア。 | ホーム | イカメモ。>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://tomono2.blog71.fc2.com/tb.php/493-af8a6e87
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |