じこあいください、みなみなさまがた。
2008/12/22 23:30
雨だよ、傘くらい携えていけ。

 もう少しもしない先にクリスマスです。聖書第一巻の研究すらしたことのない私にもクリスマスはやってまいります。それは既に所謂文化になってしまっているのですね。聖書を僅かにも読み学んだ事が無いのですが「汝隣人を愛せよ」と言う言葉は聞いた事があります。どういった背景で言われた言葉か、どういう意味を持たせて言われた言葉かはわかりませんが少しだけ意識してみましょう。
 隣人を愛せよ、それは恐らく自分と同じように他者を愛せという意味だと思われます。では私自身は自分を愛しているのでしょうか。自分の中に好きな部分はあります、全部でなくても自分自身は好きです。しかし、愛しているかといえば違う気もします。愛するとは、秩序ある生活と、アルコールやニコチンを抜いた清潔なからだを純白のシーツに横たえる事(とを、いつも念願として行うこと)とすれば、間逆の暮らしに栄養すら偏ったものしか与えられないからだに愛は与えられていないといえます。目に見える物理的なもの(であるからだ)が愛されていない、精神については自己愛の仕方すら想像できません。
 自己愛とは難しいのですが、クリスマスを機に意識してみます。晴れて上手に成れたならばその時は隣人を出来るだけ愛そう。

追記。
 愛しております、皆々様方。
カテゴリ/ ハコ
<<SEX CHILD 2008winter | ホーム | 日々の問い10>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://tomono2.blog71.fc2.com/tb.php/611-77726f1f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |