うたのねをきくとこ。
2005/11/14 03:18
歌ふ。

音、ね、
言葉をなさず、高低大小のあるおと すべて。
きこえてくることば。しらせ。おとずれ。

~~~~
唄ふこと 笑ふこと。
歌ふこえ 音を聞くこと。

きこえるのさ。遠くても。歌ふ音も 笑ふ声も。
尊く思うのさ。遠いもの。音も、声も。

空には同じ月が浮かぶし。同じ月はどこもないけれど。
言葉は無限に並ぶし。触れ方も換わるけれど。
言葉はココロなんだよ。言葉にはウソもあるけれど。

音は 夜の空気の中で とても冷され、透明さを増していたよう。
月は あまりに綺麗で その光に 音を響かせるようで、いつまでも其処にあるよう。

此の夜は つき を みます。月の音を聞きます。

歌の音は 聞こえます。つきに。
カテゴリ/ ハコ
<<ひろいのに。 | ホーム | ほしいもの。>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://tomono2.blog71.fc2.com/tb.php/79-27ca7aec
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |