はずかしい。
2009/11/14 19:04
羞じらう私を笑う私。
素直にあると決めましたが、そのままに声を出したら恥ずかしいのです。
憧れは強く光りすぎていまして、私には眩しくて良く見られません。何度でも見たいと感じてしまうのは、素直になったからでしょうか。
私はよろこびます。憧れていたんです。
カテゴリ/ ケイタイよりのエントリイ
<<空色は直にでも変化。 | ホーム | 手を焼く話。>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://tomono2.blog71.fc2.com/tb.php/790-179ac562
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |